© Copyright 2017 by COLORFUL. 

Contact Us

Tel: 03-5577-3150

Email: mail@colorcode-

inc.com

Address

​千代田区内神田1-10-8 2F

April 22, 2018

小学4年生~6年生を対象に制作活動を行うMITAMIYO!!ですが、、今年はなんと中学生を対象にした情報誌も作ることになりました!

中学生版の文京マガジンです!

始まりはMITAMIYO!!Vol.1・2どちらも参加してくれた写真の彼が、発表会後のアンケートに「中一になってもいきます。」と、書いてくれたことです。この活動を通してそんな風に思ってくれたこと、嬉しかったですね。

そこで、今年の夏はMITAMIYO!!Vol.3と中学生版(名称未定)を制作することになりました。

充実した夏になりそうです…!

早速、今の中学生がどんなことに興味があるのか。本人に聞いてきました!

文京区の好きなところ、...

September 3, 2017

9月3日に東京新聞の「したまち」欄に、取材活動の様子が掲載されました!
記事は、8月24日のホテル椿山荘東京へ取材に行った時のものです。

とても大きく取り上げていただきました。嬉しい!!
子ども達がどんなことを質問しているのかや、私達のこの活動にかける想い、目的などを丁寧に汲み取っていただき、とてもわかりやすい記事となりました。

MITAMIYO‼の活動が新聞に取り上げていただくのは初めて。

やっとメディアデビューです!
「新聞見たよ」とお声かけもいただき、広くこの活動を知ってもらえる良いきっかけとなったかと思います。

東京新聞さん、取材いただき誠にありがとうございました!
 


東京新聞(...

August 30, 2017

8月30日、この日は江戸川橋地蔵通り商店街へ。

護国寺駅の近くにある元気な商店街です。

お地蔵さまの前に集合して歩きだしたところ、商店街の放送が流れ始めます。

「今日はお子さんたちが商店街の取材に来てくれているみたいです!皆さん頑張ってきてくださいね!」

ん?どこから見てくださっているのでしょうか(笑)

商店会の方にも応援していただき、浪花家さんへ向かいます。

たいやきの浪花家さんでは、昔ながらの一本焼き。

本日初めての子もいて、少し緊張気味の子ども達。

さらに、夏の店内はとても暑く、お客さんも5分も店内にはいられないとのこと。

子ども達も外に出たり中に戻ったりと休憩を挟みつつ、汗をたくさんかきなが...

August 22, 2017

今回の取材は6日間に分け、子ども達それぞれが行きたい場所に参加してもらうことにしました。

取材1日目の8月22日は、熊本の肥後、細川藩とのつながりが深い、永青文庫・肥後細川庭園に取材に行ってきました!

永青文庫では、館長さんと学芸員さんからお話を伺いました。

たまたま、永青文庫に取材に行った4人は前回からの参加者が多くみんな落ち着いて参加してくれていました。

特に、6年生の男の子が関心を持ってくれ、たくさん質問してくれました。流石6年生!笑

永青文庫の歴史やこだわり、学芸員さんのお仕事に対する想いを感じることができました。

続いては永青文庫のお隣、肥後細川庭園 松聲閣へ。

ここはお庭の中で繋がっ...

August 6, 2017

3月に完成したVol.1に引き続き、MITAMIYO‼Vol.2制作づくりの活動がスタートしました!

8月6日に行われた第1回目の講座。

今回は19人の小学生が参加してくれ、前回よりも色々な学校の子たちが集まってくれました。

講座では、雑誌編集をされている方から<秘伝>取材の仕方と、プロカメラマンから写真の撮り方をレクチャーしていただき、先輩マガジンのKURURAが作られている伊豆市の暮らしのアタリマエについてお話を聞きました。

そして、みなそれぞれに行きたいところを決め、お盆明けの取材に備えることに。

じゃんけん大会のも熱が入ります(笑)

講座の最後に取ったアンケート

アンケート項目の中に、「...

March 10, 2017

 伊豆での取り組みを東京でやったらどうだろう?と始まったのが、文京区に焦点をあてたワークショップ『文京マガジン(みたみよ)を作ろう。』でした。

参加してくれた子ども達は、「楽しかった、またこういう活動をしてみたい」「もっと文京区が好きになったよ」と、答えてくれました。

他にも、「取材して初めて分かったことがあった」「取材の前はドキドキしたけど、自分が書いた原稿が本になるなんて初めてで嬉しかった」「取材や原稿を書くなど思ったより時間がかかったけど素敵な冊子になって嬉しかった」など、嬉しい感想を話してくれました。子ども達の自信にも繋がったかなとも思います。

自分たちが見て感じたものを素直に書...

March 3, 2017

子どもが子どもの目線で取材し、記事にしたものをプロが仕上げるというコラボレーションマガジンです。今年で4年目に入ったこの活動、4冊目のKURURAができあがりました。

Please reload

アーカイブ
Please reload

Please reload